ひよこのカードローン|初めての即日キャッシング・カードローン総合情報サイト

初めてのカードローンの選び方

カードローンとは

 

ローンとは日本語で貸付、つまりカードでお金を借りることです。
用途は人によって様々で、家を買いたい・車を買いたい・子供の養育費といった理由が主に挙げられます。

 

昔は借金をすることは悪いという風潮があり、ローンという言葉はあまり公になっていませんでした。しかし今は、大手銀行でもカードローンを取り扱っており、目標達成の為にお金を借りるという選択肢が当たり前に挙げられるようになってきています。

 

貰うのではなく借りている訳ですから、後から全額返済するのが当たり前です。
借入した金額にそれぞれ利子が付いた金額を、設定した返済期間内に返していく流れになります。

 

急にお金が必要になった時や、もう少したてばお金が入るのに…という時にとても助かるサービスです。

 

カードローンは大きく分けて3つ

 

@銀行カードローン
→大手銀行から地方銀行まで全国の各銀行で独自で行っているサービス。

 

A信販系カードローン
→カード会社(オリコ/セゾン/VISA/JCB等)が主体で行っているサービス。

 

B銀行系カードローン
→プロミスやレイクなど銀行から派生して作られたものや消費者金融のサービス。

 

一目で分かりやすいようにランキングをつけるとすると、“金利の安さ@<A<B”、“審査の厳しさB<A<@”になります。

 

それぞれメリットやデメリットがあり、金利が高いからといって自分に合わないという訳ではありません。それぞれ何を重要視するかによって自分にぴったりのローンは変わってきます。

 

それぞれのカードローンの詳しい説明

 

@銀行カードローン

 

申し込み制限は、20歳以上で定期的な十分な収入がある人。
つまり、収入がないいわゆる無職の人・派遣など不定期収入の人・転職歴が多い人・今の会社の在籍期間が短い人は、審査の前に断られてしまいます。仮に審査を受けられたとしても通る確率はとても低いでしょう。

 

審査は厳しいですが、名のある銀行なので利用者としては安心を得られます。

 

手続きは、各銀行の支店に行き窓口でのやり取りになります。
連絡をすれば、渉外の行員が家まで来てくれることもあります。銀行側としても契約ノルマがありますので、「カードローンを契約したいのですが…」と言えばすぐに来てくれると思います。

 

A信販系カードローン

 

申し込み制限は、銀行カードローンと同じで20歳以上で定期的な十分な収入がある人になります。

 

手続きの面だと、基本的にカード会社には支店が無いので、郵送やインターネットでの手続きになります。@に比べて窓口に行くという手間が軽減されていますね。

 

今は銀行カードローンが主体になってきていますが、実は信販系カードローンが元祖です。歴史が長い為、融通が利く所がメリットとして挙げられます。

 

主に利用されている場所は、車を購入する際にその場でローンを組む時や、自動車教習所で申し込み時に教習金のローンを組む時など、自分では無く、お店側でローンの手続きをしてくれる場合に利用している事が多いです。

 

B銀行系カードローン

 

申し込み制限は、こちらも基本的には20歳以上の定期的収入がある人だが、消費者金融はその限りではありません。他の2つと違い、アルバイトやパート勤務の人でも利用可能であり、専業主婦でも配偶者が一定の収入を得ていれば申し込み可能です。

 

手続きは、全ての会社が無人契約機を設置しておりその機会での操作になります。簡単に説明すると、必要書類をスキャンして審査に通れば即日融資が可能です。

 

3つの中で一番融資までの時間が早いところが大きく、至るところに無人機があるので、利便性が高い事も特徴です。

 

消費者金融は、貸付に特化している為に年会費無料で24時間いつでも借入ができたり、即日融資が可能であったりと、仕事が忙しい人などから指示を得ている様です。

 

種類がありすぎてどこで借りればいいのか分からない

 

いざカードローンを利用するにあたって、ネットで調べるとたくさんのランキングがありどれにすればいいのか決められないという人が多くいると思います。

 

その時は、何の為に借りるのか借りる上で一番重要視する条件は何かを明確にしましょう。

 

・多額のお金が必要
→たくさん借りたい時はやはり大手の銀行でカードローンを組む事をオススメします。しかしご存知の通り今の日本は景気が良くない為、多くて600万と考えておくとよいでしょう。

 

・とにかく金利が安ければどこでもいい
→金利は安いに越したことはありあませんが、金利の安さに比例して審査が厳しくなります。今は悪徳業者や詐欺業者を取り締まっていて金利はどこも20%以下に設定されていますので、極端に高いところはありませんので安心しましょう。

 

・今すぐお金が必要
→今すぐにでも借りたいという人には、即日融資可能な銀行系カードローンをオススメします。今はどこも融資までの時間が早くなっているので、銀行カードローンでも一か月もあれば融資完了になります。

 

銀行系カードローンの中で選ぶなら

 

・SMBCコンシューマーファイナンス(三井住友銀行派生)→一回だけ借りたい、家族にばれたくない人向け
・モビット(三井住友銀行派生)→会社にばれたくない人向け
・アコム(三菱UFJ銀行派生)→低所得だけど借りたい、家族にばれたくない人向け
・オリックス(オリックス銀行直営)少しだけ借りたい人向け

 

誰にもバレないで借りたいという人は意外と多くいると思われます、是非参考にしてみて下さい。
もし上記の審査で落ちてしまっても、他にも消費者金融はたくさんありますので心配せず次の会社の審査を受けてみて下さいね。

 

よく目にする固定金利と変動金利とは?

 

固定金利とは、借り入れしたときの金利が最後まで続くことです。例えば長期で組む場合であれば固定したほうが安心ですし、ほとんどの人は固定金利で組んでいます。

 

変動金利は、市場の動向に応じて金利が変わっていくことです。金利が下降しているときならメリットになりますが、もちろん上昇する場合もあるので注意が必要です。
例えば金利下降期で、短期でローンを組む場合は変動金利で組んでもいいかもしれません。

 

実店舗をもたない会社のメリット・デメリット

 

ネット銀行は支店を持たないため、全てネットや郵送、電話でのやり取りになります。その為、人件費等が実店舗をもつ銀行より大幅に抑えられるので低金利で多くの人に貸付することが可能になっています。

 

しかし、申し込み時に対面ではない事が不安な高齢者からの指示は得られておりません。
ネットで申し込める利便性から40代まで位には指示されている為、これからもっとネット申し込みが主になっていくと思われます。

 

計画的に利用しよう

 

カードローンはとても便利なサービスですが、返済のことまでしっかりと考えるようにしましょう。
もし返す事が困難になってしまったら、他で借りてくるのではなく月々の返済額を相談して、返済プランの見直しをすることをオススメします。

 

複数の場所で借りると、自分がどこでいくら借りていていくら返しているのかを把握する事が難しくなってしまう為、できるだけ一つの場所で借りるとよいでしょう。

その他カードローンQ&A

 

・いくらまで借りることができるの?→申し込み時に決めた貸付限度内であれば、いつでも借入可能です。
・どうやって返済していくの?→申し込み時に決めた返済期間内で、分割で返済していきます。
・利息は人によって違うの?→多く借りたり返済期間が長くなったりすると利息が増えていきます。
・金利(手数料)はどんな基準で決めているの?→借入額が少ない、借入期間が短いと金利は高くなります。
・返済する時のことは後から考えてもいい?→指定された口座に振り込んで毎月引き落とされるので、指定の銀行がどこかあらかじめ聞いておきましょう。その銀行が近くに無かったら毎月手間になってしまいます。
・クレジットカードでも借りられるサービスがあるよね?→キャッシュサービスも付いているカードもあるが、それとカードローンは違います。カードローン専用のカードがあります。ちなみに、キャッシュサービス付きのカードで借りると金利や利息は高めです。
・何時から何時までなら借入できるの?→銀行カードローン以外は、年会費無料でいつでもATMから借りることができます。
・消費者金融って怖いイメージがある→昔と違い変わってきているので、色々と規制されています。無理な取り立て等は無いので安心しましょう。
・審査に通る上で気を付けていた方が良い事は?→銀行カードローンなどは、延滞歴があるかの確認やカード枚数の確認を必ずします。今のうちに、カードの枚数を減らして、他の支払いの延滞はしないようにしましょう。